平成25年 春季昇段、昇級審査会

2013年3月24日

3月24日(日)仙台市泉総合運動場 柔道場にて春季昇段、昇級審査を行った。

 今年の昇段受審者は少年部が齋藤美月1級と鈴木洸生1級の二名。一般部が熊谷太順少年部初段と春日顕光1級の二名が難関に挑戦した。

 午前中が少年部。午後が一般部。昇級審査受審者と一緒に審査を行ったが、基本、移動、型、補強、柔軟とさすがに昇段受審者はその中でも気迫、技術共にとびぬけていたのは言うまでも無い。最後の難関10人組手は、最後まで気迫のある組手を展開し、苦しみながらも全員が完遂。最後には大きな拍手を頂いていた。

 黒帯を締めてからが、新たな出発です。自分の帯に自信と重さを感じながら更に上を目指して頑張ってほしいと思います。

 最後に、昇級、昇段審査を受審された皆様方たいへんお疲れ様でした。また、保護者の皆様方、お手伝い頂きました黒帯、色帯の皆様方有難うございました。

 

 

 


Posted by 極真空手|仙台道場 at 12:22 / 未分類 コメント&トラックバック(0)

お問い合わせはこちら

ページの上部へ戻る